HOME > ペットの皮膚トラブルでお困りの方へ > 猫の皮膚炎

ペットの皮膚トラブルでお困りの方へ

< 高濃度炭酸泉 導入しました  |  一覧へ戻る  |  アレルギー検査 >

猫の皮膚炎



久しぶりに、症例の紹介です。
この写真は猫のお腹です。
毛の長い猫ちゃんだったのでなかなか気づかなかったとのことですが、
長期にわたってべろべろ舐め続けていたようで、このように凸凹になってしまいました。。。
少し細胞をとり染色して確認したところ、炎症細胞がたくさん出ていたので服を着せて舐めないようにし、プレドニゾロンと抗生剤を処方しました。
初診から1週間後にはこのように良化しました。
 
凸凹はなくなり、炎症を起こした皮膚がめくれ新しい皮膚と置き換わろうとしています。

初診から2週間後です。かなり良化し毛が生え始めました。
内服薬は中止し、あと5日間だけ服を着て終了にしました。

もう少し時間がかかるかと思って治療に入りましたが、
予定以上に早く良化してくれました。

痒みや何らかのストレスから舐めはじめ、エスカレートしてしまったのですが、
ネコちゃんでは比較的よく見かけます。
この猫ちゃんはかなりひどい症状でしたが、おなかなどをしきりに舐めている姿を見かけたらチェックしてみてください。

< 高濃度炭酸泉 導入しました  |  一覧へ戻る  |  アレルギー検査 >

このページのトップへ