HOME > ペットの皮膚トラブルでお困りの方へ > 難治性外耳炎

ペットの皮膚トラブルでお困りの方へ

< 皮膚の大切な検査:細菌同定・感受性テスト  |  一覧へ戻る  |  巻き毛から直毛に。。毛質が変わってしまいました。 >

難治性外耳炎



外耳炎とは、細菌やマラセチアなどが原因になって痒みが激しくなり耳垢が大量に出てしまう状態です。

アレルギーやアトピーが関係する場合もありますが、一度なってしまうと何度も繰り返すことが多く悩ましい病気です。

先日来院された外耳炎のわんちゃん。
以前から外耳炎で来院されることが多かったのですが、今回はとにかく治らない。
耳垢を通り越して耳だれがひどく、耳の穴から膿がたれで出ている状態でした。
耳垢を染色して細菌性の外耳炎であることは確認していますが、
院内の染色検査で分かるのは

・細菌かマラセチアか
・細菌がグラム陰性かグラム陽性か

飼い主さまとお話をして、いつもと全く外耳炎の状態が違うので
・細菌同定検査
・感受性テスト
を行うことにしました。
やはり結果は、薬剤耐性菌。
検査結果に従い治療を進め、それでも紆余曲折しましたが、びしっとよくなってくれました。
後は維持をしていかないといけませんが、もともと外耳炎を繰り返すワンちゃんなので、
今後は、定期チェックが欠かせません。

治りにくい時には、お薬を変えて様子を見るではなく、細菌にあったお薬を投与しないといけないと実感した症例でした。

< 皮膚の大切な検査:細菌同定・感受性テスト  |  一覧へ戻る  |  巻き毛から直毛に。。毛質が変わってしまいました。 >

このページのトップへ