HOME > 新着情報 > アーカイブ > 2019年4月

新着情報 2019年4月

新しいワクチンの打ち方

本日、ワクチンの抗体価を確認してワクチンを打った飼い主さまがいらっしゃいます。
ふくふく動物病院では、初めての事でしたので混乱させてしまった。。。
という思いがありますので、一度まとめたいと思います。


もちろん、ワクチンの抗体価を確認しなくても今まで通りに1年に1回のワクチン接種でも構いません。
もしも、ワクチンの抗体価チェックに興味のある方は以下を読んでください。

※※※@@@※※※@@@※※※@@@

動物に負担がないワクチン接種を行うために、世界小動物獣医師会が提唱したワクチンガイドラインがあります。
ワクチンは3年に1回でいいという話が出ていますが、実はそうではありません。
ワクチンの抗体価が体を病気から守ることができるレベルかどうかを確認したうえで、

ワクチン抗体価が低い: 追加接種が必要
ワクチン抗体価が高い: 追加接種が必要ではない

ということになります。
この抗体価を簡易的に調べることができる検査キットが、ワクチチェックです。
前回HPでお話ししましたが、わかりにくかったと思います。
もっと理解を深めましたので、今回分かりやすいように再度お話しします。




新しいワクチンの打ち方の特徴

(1)ワクチンをコアワクチン、ノンコアワクチン、非推奨ワクチンに分類

コアワクチン
すべての犬に必要なワクチンです。免疫が持続しやすいワクチンですので、毎年接種しなくてもよい可能性があります。
犬ジステンパーウイルス、犬パルボウイルス、犬アデノウイルス

ノンコアワクチン
ライフスタイルによって接種の有無が変わります。感染リスクが高い犬にのみ接種が推奨されます。
免疫が持続しないため毎年の接種が必要です。
レプトスピラ、パラインフルエンザ

非推奨ワクチン
ワクチンガイドラインでは接種を推奨しないもの。
コロナウイルス


5種ワクチン: ジステンパー、パルボ、アデノ(1型、2型)、パラインフルエンザ
6種ワクチン: 5種ワクチンの内容にコロナが追加

(2)ノンコアワクチンの選び方

① 犬同士の飛沫感染の可能性がある場合(ドッグラン・トリミング・ホテル・公園などへ出かける)
             ↓
パラインフルエンザを含むワクチンを接種することをお勧めします。
(鼻に垂らす経鼻ワクチンもあります。5種混合ワクチンに含まれています。)

②野生動物(イノシシ、ネズミ、タヌキなど)が生息する場所、川や池などの水辺が近くにある、そのような場所に出かける
             ↓
レプトスピラワクチンの接種をお勧めします。

(3)ワクチチェックの利用の仕方
▼できるだけワクチンの負担を減らしたい
▼ワクチンアレルギーを起こしたから接種が不安
▼高齢でワクチンを打ってよいか迷う
▼治療中の持病があり打っても大丈夫か心配
▼ワクチンを打っているがちゃんときいているか知りたい


ワクチチェックを行い、コアワクチンの抗体価を確認します。
※ワクチチェックで確認できるのはコアワクチンのみです。

▽抗体価が十分ある場合
(2)①②の環境に行かない(絶対)・・・ ワクチン接種せず1年後に抗体価を確認します。
(2)①②の環境に行く・・・必要なノンコアワクチンを接種する

▽抗体価が不足する場合
5または6種ワクチンを接種します
(ふくふく動物病院では今後5種ワクチンに移行していきます)


興味があるけれどよくわからないという方は、どうぞご遠慮なく質問してください。
少々お時間をいただくようになる可能性がありますので、ご了承ください。
ふくふく動物病院はできるだけ体に負担がない予防や治療に積極的に取り組んでいます。



新たに求人のお知らせ

ふくふく動物病院では以下の人財を募集しています。

①動物看護師

新卒、既卒を問いません。
動物看護系専門学校卒業、統一認定試験合格者が望ましいです。
トリミングができる方はさらに歓迎いたします。
常勤の正社員の募集だけでなく、パート勤務の方も募集しています。
夕方4時まで、午前のみ、子育て中で急に休むことがあるなどもご相談ください。
ふくふく動物病院は女性が働きやすい環境をかなえることにも取り組んでいます。


②クリーンクルー

ふくふく動物病院内の入院室の清掃
ホテルでお預かりしているわんちゃんねこちゃんたちのお部屋の清掃。
を、お願いします。
勤務は病院の休診日になりますので、
水曜日、日曜日、祝日の2~3時間前後です。
病気入院のわんちゃんねこちゃんのお世話や入院室の清掃は一切ありません。
あくまでも元気で病気のないペットたちのお世話です。
勤務できる日を自己申告制で選んでください。
責任をもってお世話をしていただける方にお願いしたいと思います。



詳細は、以下のリンクからお願いいたします。
https://en-gage.net/fukufukuvet/?fbclid=IwAR2ooxb_EQBGmPscKyJK3c6-KpYeg3ktF0I_ne7SWI9ATlzVEUfPGd_e3r8

このページのトップへ


ゴールデンウイークのお休み

今年のゴールデンウイークは10連休ですが、

ふくふく動物病院は10連休しません。

今年のゴールデンウイークのスケジュールは以下です。

4月29日(月:昭和の日)  休診
4月30日(火)       診察日
5月  1日(水:即位の日)  診察日
5月  2日(木)       診察日
5月  3日(金)~6日(月)  休診

通常水曜日は休診日ですが、5/1の水曜日は通常通り診察しております。

よろしくお願いいたします。




犬用ワクチチェック導入のご案内

ワクチン接種は3年おきでいいと聞きました。。。
ワクチンは毎年打たないといけないですか?
不必要なことはしたくないのですが。。。。


そのような声を飼い主さまから最近聞くようになりました。

実はワクチンの打ち方にも変化が出てきています。
今までは確かに毎年接種しましょう。。。でしたが、
変わってきているのが事実です。




世界小動物獣医師会(WSAVA)が、「犬と猫のワクチネーションガイドライン」を発表し、
そのエビデンスに基づいたワクチン接種を。。。と提唱しました。
少し前に知ってはいましたが、「う~ん」と腕組みをして考えている状態でした。
色々調べ、考えたうえで

「犬ワクチン抗体価検査」のできる【 犬用ワクチチェック 】を導入することにしました。




これは、わんちゃんの体の中の過去接種したワクチンに対する抗体価を測定し、
十分な抗体価を持っていればワクチンをその年は打たない。
抗体価が不十分であればワクチンを打つ。
というものです。

この検査は全てのワクチンに対する抗体価を測定できるものではありません。
ワクチンの中でもコアワクチンと呼ばれるものについて抗体価を測定します。


ワクチンには命に係わる「コアワクチン」と呼ばれるものと、
全ての犬が打つ必要がなく、環境や生活スタイル次第では打つ必要がある「ノンコアワクチン」があります。

コアワクチン: ジステンパー、パルボ、アデノ、狂犬病
ノンコアワクチン: パラインフルエンザ、ボルデテラ、レプトスピラ

のように分類されています。
コアワクチンは1度接種すると抗体価が長く持続するといわれており、基準となる抗体価が維持できていれば毎年接種しなくてもよいといわれています。
しかし、ノンコアワクチンは抗体価が持続しにくいため毎年打つ必要があります。

6種ワクチンにはレプトスピラが入っていないので、
散歩に出る犬、公園に行く犬、旅行に一緒に行く犬  など
の場合は7種以上のレプトスピラが入っているワクチンか、レプトスピラだけのワクチンだけを毎年接種するようになります。

ボルデテラ・ブロンキセプティカは、わんちゃんたちの間で流行する風邪の原因になる細菌です。
この病気の予防には鼻の穴に垂らすタイプのワクチンがあります。

具体的にどのように行うのかを流れ図的に書いてみます。
参考にしてください。
今後、ガイドラインの変更などがあればその都度変更になる可能性があります。



▼ 犬用ワクチチェックを利用したワクチン接種方法

前年度6種ワクチンを接種しているわんちゃんの場合
ワクチチェック ⇒ しない ⇒ 6種ワクチン接種
    ↓
   する → 陽性 → 今年のワクチン接種は不必要。1年後に抗体検査を行う。
    ↓
   陰性
    ↓
ワクチンの追加接種をする
1年後に抗体検査を実施する  

前年度に8種ワクチンを接種しているわんちゃんの場合 
ワクチチェック ⇒ しない ⇒ 8種ワクチン接種
   ↓
  する → 陽性 → レプトスピラワクチン接種
   ↓
  陰性
   ↓
ワクチンの追加接種をする
1年後に抗体検査を実施する    




希望される方に対しての検査になりますので、気になっている方は声をかけてください。
ワクチン接種で来院された方には、一律お知らせしますので少々お時間をいただくようになります。
よろしくお願いいたします。

詳しくは ≪こちら≫ のサイトで確認してください。
全部書き切れていませんので、もっと詳しく知りたいという方は病院までお問合せください。


~ワクチンの証明書がないと、ホテルやドッグランなどの利用ができない。。とお悩みの方~

ワクチチェックを行った後にその結果に従って証明書をお出しします。
抗体価が十分でワクチン接種を行わなかった場合は、抗体価が十分であることの証明書をお出しします。
あらかじめ獣医師からの説明が各施設に対して必要な場合は、前もってお知らせください。
当院から説明させていただきます。


1

« 2019年3月 | メインページ | アーカイブ | 2019年5月 »

このページのトップへ