HOME > 新着情報 > キャットフードの与え方

新着情報

< かさぶたについて書いた記事が「ペトこと」に掲載されました  |  一覧へ戻る  |  診察に役立つアイテム  >

キャットフードの与え方

暑かった夏も終わり、一気に秋めいてきましたね。
美味しい食べ物につい手が伸びてしまい、食欲が増す方も多いと思います。
そんな実りの秋、気になることと言えば体重ですよね。

「美味しいものは食べたい、でも太るのはイヤ」そんな葛藤から、無理して痩せようと「絶食」や「プチ断食」などを試す方もいるでしょう。ただ、そうは言っても、なかなかその意志が続かないのがダイエットの難しいところだと思います。
 
私たち人間でも失敗しがちなダイエット、猫となるとさらに問題が山積みです。
まず、当の猫が「痩せたい」と思っていないのが一番の問題かと思います。
猫にしてみれば、いきなり食事を制限されて、好きでもないフードに変えられるわけで、ストレスだらけになってしまうのです。
しかも、人間のように「数日間食べない」なんてこともできません。脂肪肝の猫は食べない状態が4~5日続くと命にかかわる肝リピドーシスになる可能性があるからです。
 
というわけで、肥満を防ぐためにも猫の体重管理は日頃からしっかり行うようにしましょう。
「猫ねこ部」というサイトので行ったアンケートによると、キャットフードの与え方について「特に決めていない」「山盛りにして与える」と答えた方は全体の約4割もいました。
【377人にアンケート】となりの猫は何食べてる?愛猫にあげているキャットフード徹底調査!
 
体重管理は、食事量を守ることが基本なので、その都度しっかり量を決めて与えるようにしてくださいね。
 

その都度量をしっかり量って与える 188人(49.9%)
特に決めていない 93人(24.7%)
器に山盛りにして与える(なくなったら追加) 50人(13.3%)
時間になったらさげる 37人(9.8%)
自動給餌器 9人(2.4%)
 
参照:「猫ねこ部」 https://nekonekobu.jp/
 


< かさぶたについて書いた記事が「ペトこと」に掲載されました  |  一覧へ戻る  |  診察に役立つアイテム  >

このページのトップへ