HOME > 新着情報 > 鳥の尿糖

新着情報

< 皮ふ 予約診療始めます  |  一覧へ戻る  |  マダニの予防始めましょう:薬選びのポイント >

鳥の尿糖



先日、元気はあるし食欲もあるが、多飲多尿がひどいとのことでセキセイインコが
来院しました。

確かに、診察中にも敷き紙のあちこちに尿を排泄しています。
基本的に鳥の尿は尿酸ですので白い塊なのですが。。。処理しきれない水分が便に混じって排泄されているように見えます。

鳥の多飲多尿には様々な原因が考えられますが、
・糖尿病
・腎疾患
・肝疾患
などが一般的です。

尿検査の結果、尿糖が4+で糖尿病が疑われました。

色々、飼い主さまとお話しし漢方薬を投与し様子を見ることになりました。

投薬しながら症状が悪くなれば連絡していただくことにしましたが、
1か月後の再診では多飲多尿が少し治まったとのことでした。
漢方薬なのでまず飲めるかどうかが心配でしたが、大丈夫のようでしたのでもう1か月分追加しました。

再診時には尿糖が全く出ていない状態で、多飲多尿も改善されていました。

処方した漢方薬がこの子の状態にぴたりとあったのではと思います。
もう少し投薬を続けていく予定です。


< 皮ふ 予約診療始めます  |  一覧へ戻る  |  マダニの予防始めましょう:薬選びのポイント >

このページのトップへ