HOME > 新着情報 > マダニの予防始めましょう:薬選びのポイント

新着情報

< 鳥の尿糖  |  一覧へ戻る  |  ハムスターの頬袋脱 >

マダニの予防始めましょう:薬選びのポイント

 
https://www.niid.go.jp/niid/ja/sfts/3143-sfts.html

毎年2月になると、マダニに寄生されたわんちゃんたちが来院します。
今年もやはり2月中旬に、来院されました。

以前は冬は冬らしく、水道管が凍結したり、雪が降らなくても氷点下まで冷え込んだりしました。雪もちらほら。。。

しかし今年は気温が高めで、氷点下の日も少ないです。
去年2月
https://weather.goo.ne.jp/past/784/20180200/

今年2月
https://weather.goo.ne.jp/past/784/20190200/

昨日2/25は最高気温が16.5度でした。
このように暖かい年は、虫たちの出現も早くなるのでは。。。

マダニは重度の貧血を起こす「バベシア」や、人にも感染するウイルス疾患の「SFTS」の感染源になります。

いずれにして感染してから治療するより、予防することが大切です。
マダニは寄生してから駆除するのではなく、寄生させないことが大切です。

様々な予防薬があります。
・皮膚につけるスポットタイプ
・内服薬
どちらを選んでも確実に予防していきましょう。
たくさんありすぎて選べない!という声もちらほら聴きます。

選ぶポイントは
・皮膚トラブルがあるかないか
・スポットタイプが向いているかいないか
・飲み薬が向いているかいないか
・アレルギーがあるかないか

この4点に当てはめると、ある程度決めることができると思います。
迷う場合はご相談ください。

もう数日で3月になります。
桜の花が咲いたらフィラリア予防が始まります。

しっかり予防していきましょう。





< 鳥の尿糖  |  一覧へ戻る  |  ハムスターの頬袋脱 >

このページのトップへ