HOME > 新着情報 > 犬用ワクチチェック導入のご案内

新着情報

< 山口新聞にエッセーが掲載されました  |  一覧へ戻る  |  ゴールデンウイークのお休み >

犬用ワクチチェック導入のご案内

ワクチン接種は3年おきでいいと聞きました。。。
ワクチンは毎年打たないといけないですか?
不必要なことはしたくないのですが。。。。


そのような声を飼い主さまから最近聞くようになりました。

実はワクチンの打ち方にも変化が出てきています。
今までは確かに毎年接種しましょう。。。でしたが、
変わってきているのが事実です。




世界小動物獣医師会(WSAVA)が、「犬と猫のワクチネーションガイドライン」を発表し、
そのエビデンスに基づいたワクチン接種を。。。と提唱しました。
少し前に知ってはいましたが、「う~ん」と腕組みをして考えている状態でした。
色々調べ、考えたうえで

「犬ワクチン抗体価検査」のできる【 犬用ワクチチェック 】を導入することにしました。




これは、わんちゃんの体の中の過去接種したワクチンに対する抗体価を測定し、
十分な抗体価を持っていればワクチンをその年は打たない。
抗体価が不十分であればワクチンを打つ。
というものです。

この検査は全てのワクチンに対する抗体価を測定できるものではありません。
ワクチンの中でもコアワクチンと呼ばれるものについて抗体価を測定します。


ワクチンには命に係わる「コアワクチン」と呼ばれるものと、
全ての犬が打つ必要がなく、環境や生活スタイル次第では打つ必要がある「ノンコアワクチン」があります。

コアワクチン: ジステンパー、パルボ、アデノ、狂犬病
ノンコアワクチン: パラインフルエンザ、ボルデテラ、レプトスピラ

のように分類されています。
コアワクチンは1度接種すると抗体価が長く持続するといわれており、基準となる抗体価が維持できていれば毎年接種しなくてもよいといわれています。
しかし、ノンコアワクチンは抗体価が持続しにくいため毎年打つ必要があります。

6種ワクチンにはレプトスピラが入っていないので、
散歩に出る犬、公園に行く犬、旅行に一緒に行く犬  など
の場合は7種以上のレプトスピラが入っているワクチンか、レプトスピラだけのワクチンだけを毎年接種するようになります。

ボルデテラ・ブロンキセプティカは、わんちゃんたちの間で流行する風邪の原因になる細菌です。
この病気の予防には鼻の穴に垂らすタイプのワクチンがあります。

具体的にどのように行うのかを流れ図的に書いてみます。
参考にしてください。
今後、ガイドラインの変更などがあればその都度変更になる可能性があります。



▼ 犬用ワクチチェックを利用したワクチン接種方法

前年度6種ワクチンを接種しているわんちゃんの場合
ワクチチェック ⇒ しない ⇒ 6種ワクチン接種
    ↓
   する → 陽性 → 今年のワクチン接種は不必要。1年後に抗体検査を行う。
    ↓
   陰性
    ↓
ワクチンの追加接種をする
1年後に抗体検査を実施する  

前年度に8種ワクチンを接種しているわんちゃんの場合 
ワクチチェック ⇒ しない ⇒ 8種ワクチン接種
   ↓
  する → 陽性 → レプトスピラワクチン接種
   ↓
  陰性
   ↓
ワクチンの追加接種をする
1年後に抗体検査を実施する    




希望される方に対しての検査になりますので、気になっている方は声をかけてください。
ワクチン接種で来院された方には、一律お知らせしますので少々お時間をいただくようになります。
よろしくお願いいたします。

詳しくは ≪こちら≫ のサイトで確認してください。
全部書き切れていませんので、もっと詳しく知りたいという方は病院までお問合せください。


~ワクチンの証明書がないと、ホテルやドッグランなどの利用ができない。。とお悩みの方~

ワクチチェックを行った後にその結果に従って証明書をお出しします。
抗体価が十分でワクチン接種を行わなかった場合は、抗体価が十分であることの証明書をお出しします。
あらかじめ獣医師からの説明が各施設に対して必要な場合は、前もってお知らせください。
当院から説明させていただきます。


< 山口新聞にエッセーが掲載されました  |  一覧へ戻る  |  ゴールデンウイークのお休み >

このページのトップへ