HOME > 新着情報 > 新しい療法食「サニメド」の取り扱いを始めました

新着情報

< 色々なカットがあるのですね  |  一覧へ戻る  |  レプトスピラ症という病気 >

新しい療法食「サニメド」の取り扱いを始めました

ふくふく動物病院では新しい療法食「サニメド」の取り扱いを始めました。

サニメドは2007年にオランダで開発された療法食です。
・療法食には珍しい小分け包装
  (犬用の1㎏のフードは500g×2袋、猫用の500gのフードは250g×2袋)
・初回は当院での処方が必要になりますが、それ以降は様々な購入方法が可能です。
   病院での購入
   病院に注文のご連絡をいただきご自宅へお届け
   パソコン、スマホから注文しご自宅へお届け
・小型犬も食べやすいいように工夫されたフードの形や大きさ
・高額になりがちな処方食ですが、続けやすい金額に設定されています 
・エトキシキン、BHA、BHTなどの人口酸化防止剤を使用しておらず、人工着色料・香料 不使用


犬用

・アンチストルバイト(尿石用)
・ウエイトリダクション(体重コントロール)
・ハイドロライズドプロテイン(皮膚・アレルギーケア)
・リーナル(腎臓、肝臓、尿石ケア)


猫用

・アンチストルバイト
・ウエイトリダクション
・アトピーセンシティブ ハイドロライズドプロテイン
・リーナル

詳細はサニメドHPでご確認ください。
https://sanimed.jp/

(申請がとれたのが先週ですので、取扱動物病院一覧にはふくふく動物病院の記載がありませんが、間違いなく注文可能です。)

< 色々なカットがあるのですね  |  一覧へ戻る  |  レプトスピラ症という病気 >

このページのトップへ