HOME > 新着情報

新着情報

SFTS(重症熱性血小板減少症候群)

昨日、Facebookに急ぎで上げた記事なのですが、リツイートしてくださる方がいてくださり感謝です。

西日本では少し前から「たいへんだ!」になっているのですが、
最近、東京都内でも男性が感染し話題になりました。

マダニから媒介される病気(ウイルス疾患)で、このマダニに寄生されたペットから涙・鼻水・唾液などの体液に混じってウイルスが排泄されます。

SFTSウイルスを持つマダニや感染を受けたペットの体液などからヒトに感染します。



マダニはこの写真のようにおおきさが様々ありますが、どれも同じ種類です。
血を吸い「飽血」と言われる状態になったのが、左端のマダニです。
この後、草むらで約2000個の卵を産みます。

≪ ペットが感染したときの症状 ≫
一般的に無症状(不顕性感染)ですが、発熱、食欲消失、白血球減少症、血小板減少症等の症状が認められることもあります。
https://www.bayer-pet.jp/pet/library/disease/sfts.html

≪ 人に感染したときの症状 ≫
・発熱、消化器症状(嘔気、嘔吐、腹痛、下痢、下血)を主張とし、ときに、腹痛、筋肉痛、神経症状、リンパ節腫脹、出血症状などを伴う。
血液所見では、血小板減少(10万/㎣未満)、白血球減少(4000/㎣未満)、血清酵素(AST、ALT、LDH)の上昇が認められる。致死率は10~30%程度である。
https://www.forth.go.jp/keneki/kanku/disease/dis03_11sev.html

「マダニはついたから取る」

ではなく、

「マダニは寄生させてはいけない」

が、正しい予防の仕方です。
ノミ・マダニ予防は「ペット」のため、「ヒト」のためにしっかり行うようにしてください。

国立感染症研究所からアナウンスされた
「マダニ対策 今できること」
https://www.niid.go.jp/niid/ja/sfts/2287-ent/3964-madanitaisaku.html


Facebookにあげた記事

致死率25%…怖すぎる“殺人ダニ”に要注意! 「日本人が経験したことのない恐怖の感染症」

https://dot.asahi.com/aera/20190https://dot.asahi.com/aera/2019061300061.html?page=161300061.html?page=1





PayPay導入しました



最初、テレビCMで見た時には「なんだこれ?」だったPayPay…

なにかよくわからなかったのですが、あちこちで見かけるようになり真面目に調べてみました。
便利だな~、時代の波だな~と思い、すぐに申し込みました。

TVの特集で、かなり山に入った売店の決済はPayPayのみ。
高齢の方が店員さんだったのですが、失礼ながらびっくりしました。
と同時に、新しい流れに乗れてない自分にも気づきました。
・お釣りの準備がいらない
・その場で現金やり取りをしないので、現金の管理がいらない
などなど、自分が日々う~んと思うことが解消されているお店でした。

ポイント還元って何?
って思っていましたが、上手に利用したらこれは便利ですね。

あまり言うと、回し者みたいになりますからこれくらいでやめますね。


結論、お伝えしたかったのは、
「PayPay」導入しました。お会計の時にご利用ください。

です。
受付に設置されていますので、利用されたい方はスマホをかざしてください。
よろしくお願いいたします。

お盆休みのお知らせ:お盆は診察します



気の早い話ですが。。。お盆休みのお知らせです。

今年のお盆は診察します。

8/11・12は休診ですが、


8/13(火)・8/15(木)・8/16(金)・8/17(土)は診察です。


8/14(水)は休診です。




この期間休診なしで診察をし、

8/28(水)は診察です。

8/29(木)~9/1(日)まで休診
します。

休みの間に私は東京へ出かけ、動物の皮膚の勉強会に参加してきます。



https://peatix.com/event/634759/view



動物は皮膚が人より薄く、乾燥しやすいのです。
乾燥しやすいために皮膚の病気が治りにくかったりします。
学会に行くことすら本当に久しぶりですが、行って勉強してきます。

8月の休診日がいつもと違いますので、お気を付けください。
お盆の間は通常通り診察していますので安心してください。

また、近づいてきたらお知らせします。

新しいワクチンの打ち方

本日、ワクチンの抗体価を確認してワクチンを打った飼い主さまがいらっしゃいます。
ふくふく動物病院では、初めての事でしたので混乱させてしまった。。。
という思いがありますので、一度まとめたいと思います。


もちろん、ワクチンの抗体価を確認しなくても今まで通りに1年に1回のワクチン接種でも構いません。
もしも、ワクチンの抗体価チェックに興味のある方は以下を読んでください。

※※※@@@※※※@@@※※※@@@

動物に負担がないワクチン接種を行うために、世界小動物獣医師会が提唱したワクチンガイドラインがあります。
ワクチンは3年に1回でいいという話が出ていますが、実はそうではありません。
ワクチンの抗体価が体を病気から守ることができるレベルかどうかを確認したうえで、

ワクチン抗体価が低い: 追加接種が必要
ワクチン抗体価が高い: 追加接種が必要ではない

ということになります。
この抗体価を簡易的に調べることができる検査キットが、ワクチチェックです。
前回HPでお話ししましたが、わかりにくかったと思います。
もっと理解を深めましたので、今回分かりやすいように再度お話しします。




新しいワクチンの打ち方の特徴

(1)ワクチンをコアワクチン、ノンコアワクチン、非推奨ワクチンに分類

コアワクチン
すべての犬に必要なワクチンです。免疫が持続しやすいワクチンですので、毎年接種しなくてもよい可能性があります。
犬ジステンパーウイルス、犬パルボウイルス、犬アデノウイルス

ノンコアワクチン
ライフスタイルによって接種の有無が変わります。感染リスクが高い犬にのみ接種が推奨されます。
免疫が持続しないため毎年の接種が必要です。
レプトスピラ、パラインフルエンザ

非推奨ワクチン
ワクチンガイドラインでは接種を推奨しないもの。
コロナウイルス


5種ワクチン: ジステンパー、パルボ、アデノ(1型、2型)、パラインフルエンザ
6種ワクチン: 5種ワクチンの内容にコロナが追加

(2)ノンコアワクチンの選び方

① 犬同士の飛沫感染の可能性がある場合(ドッグラン・トリミング・ホテル・公園などへ出かける)
             ↓
パラインフルエンザを含むワクチンを接種することをお勧めします。
(鼻に垂らす経鼻ワクチンもあります。5種混合ワクチンに含まれています。)

②野生動物(イノシシ、ネズミ、タヌキなど)が生息する場所、川や池などの水辺が近くにある、そのような場所に出かける
             ↓
レプトスピラワクチンの接種をお勧めします。

(3)ワクチチェックの利用の仕方
▼できるだけワクチンの負担を減らしたい
▼ワクチンアレルギーを起こしたから接種が不安
▼高齢でワクチンを打ってよいか迷う
▼治療中の持病があり打っても大丈夫か心配
▼ワクチンを打っているがちゃんときいているか知りたい


ワクチチェックを行い、コアワクチンの抗体価を確認します。
※ワクチチェックで確認できるのはコアワクチンのみです。

▽抗体価が十分ある場合
(2)①②の環境に行かない(絶対)・・・ ワクチン接種せず1年後に抗体価を確認します。
(2)①②の環境に行く・・・必要なノンコアワクチンを接種する

▽抗体価が不足する場合
5または6種ワクチンを接種します
(ふくふく動物病院では今後5種ワクチンに移行していきます)


興味があるけれどよくわからないという方は、どうぞご遠慮なく質問してください。
少々お時間をいただくようになる可能性がありますので、ご了承ください。
ふくふく動物病院はできるだけ体に負担がない予防や治療に積極的に取り組んでいます。



新たに求人のお知らせ

ふくふく動物病院では以下の人財を募集しています。

①動物看護師

新卒、既卒を問いません。
動物看護系専門学校卒業、統一認定試験合格者が望ましいです。
トリミングができる方はさらに歓迎いたします。
常勤の正社員の募集だけでなく、パート勤務の方も募集しています。
夕方4時まで、午前のみ、子育て中で急に休むことがあるなどもご相談ください。
ふくふく動物病院は女性が働きやすい環境をかなえることにも取り組んでいます。


②クリーンクルー

ふくふく動物病院内の入院室の清掃
ホテルでお預かりしているわんちゃんねこちゃんたちのお部屋の清掃。
を、お願いします。
勤務は病院の休診日になりますので、
水曜日、日曜日、祝日の2~3時間前後です。
病気入院のわんちゃんねこちゃんのお世話や入院室の清掃は一切ありません。
あくまでも元気で病気のないペットたちのお世話です。
勤務できる日を自己申告制で選んでください。
責任をもってお世話をしていただける方にお願いしたいと思います。



詳細は、以下のリンクからお願いいたします。
https://en-gage.net/fukufukuvet/?fbclid=IwAR2ooxb_EQBGmPscKyJK3c6-KpYeg3ktF0I_ne7SWI9ATlzVEUfPGd_e3r8

このページのトップへ


ゴールデンウイークのお休み

今年のゴールデンウイークは10連休ですが、

ふくふく動物病院は10連休しません。

今年のゴールデンウイークのスケジュールは以下です。

4月29日(月:昭和の日)  休診
4月30日(火)       診察日
5月  1日(水:即位の日)  診察日
5月  2日(木)       診察日
5月  3日(金)~6日(月)  休診

通常水曜日は休診日ですが、5/1の水曜日は通常通り診察しております。

よろしくお願いいたします。




犬用ワクチチェック導入のご案内

ワクチン接種は3年おきでいいと聞きました。。。
ワクチンは毎年打たないといけないですか?
不必要なことはしたくないのですが。。。。


そのような声を飼い主さまから最近聞くようになりました。

実はワクチンの打ち方にも変化が出てきています。
今までは確かに毎年接種しましょう。。。でしたが、
変わってきているのが事実です。




世界小動物獣医師会(WSAVA)が、「犬と猫のワクチネーションガイドライン」を発表し、
そのエビデンスに基づいたワクチン接種を。。。と提唱しました。
少し前に知ってはいましたが、「う~ん」と腕組みをして考えている状態でした。
色々調べ、考えたうえで

「犬ワクチン抗体価検査」のできる【 犬用ワクチチェック 】を導入することにしました。




これは、わんちゃんの体の中の過去接種したワクチンに対する抗体価を測定し、
十分な抗体価を持っていればワクチンをその年は打たない。
抗体価が不十分であればワクチンを打つ。
というものです。

この検査は全てのワクチンに対する抗体価を測定できるものではありません。
ワクチンの中でもコアワクチンと呼ばれるものについて抗体価を測定します。


ワクチンには命に係わる「コアワクチン」と呼ばれるものと、
全ての犬が打つ必要がなく、環境や生活スタイル次第では打つ必要がある「ノンコアワクチン」があります。

コアワクチン: ジステンパー、パルボ、アデノ、狂犬病
ノンコアワクチン: パラインフルエンザ、ボルデテラ、レプトスピラ

のように分類されています。
コアワクチンは1度接種すると抗体価が長く持続するといわれており、基準となる抗体価が維持できていれば毎年接種しなくてもよいといわれています。
しかし、ノンコアワクチンは抗体価が持続しにくいため毎年打つ必要があります。

6種ワクチンにはレプトスピラが入っていないので、
散歩に出る犬、公園に行く犬、旅行に一緒に行く犬  など
の場合は7種以上のレプトスピラが入っているワクチンか、レプトスピラだけのワクチンだけを毎年接種するようになります。

ボルデテラ・ブロンキセプティカは、わんちゃんたちの間で流行する風邪の原因になる細菌です。
この病気の予防には鼻の穴に垂らすタイプのワクチンがあります。

具体的にどのように行うのかを流れ図的に書いてみます。
参考にしてください。
今後、ガイドラインの変更などがあればその都度変更になる可能性があります。



▼ 犬用ワクチチェックを利用したワクチン接種方法

前年度6種ワクチンを接種しているわんちゃんの場合
ワクチチェック ⇒ しない ⇒ 6種ワクチン接種
    ↓
   する → 陽性 → 今年のワクチン接種は不必要。1年後に抗体検査を行う。
    ↓
   陰性
    ↓
ワクチンの追加接種をする
1年後に抗体検査を実施する  

前年度に8種ワクチンを接種しているわんちゃんの場合 
ワクチチェック ⇒ しない ⇒ 8種ワクチン接種
   ↓
  する → 陽性 → レプトスピラワクチン接種
   ↓
  陰性
   ↓
ワクチンの追加接種をする
1年後に抗体検査を実施する    




希望される方に対しての検査になりますので、気になっている方は声をかけてください。
ワクチン接種で来院された方には、一律お知らせしますので少々お時間をいただくようになります。
よろしくお願いいたします。

詳しくは ≪こちら≫ のサイトで確認してください。
全部書き切れていませんので、もっと詳しく知りたいという方は病院までお問合せください。


~ワクチンの証明書がないと、ホテルやドッグランなどの利用ができない。。とお悩みの方~

ワクチチェックを行った後にその結果に従って証明書をお出しします。
抗体価が十分でワクチン接種を行わなかった場合は、抗体価が十分であることの証明書をお出しします。
あらかじめ獣医師からの説明が各施設に対して必要な場合は、前もってお知らせください。
当院から説明させていただきます。


山口新聞にエッセーが掲載されました

2019年2月17日
山口新聞にエッセーが掲載されました。
何を書こうか。。。と思いましたが、自分の今までを振り返る良い機会になりました。
私が獣医になった経過や、どんな獣医になりたいのか、今から目指していくものがまとまっています。
読みにくいと思いますが、良ければ読んでみてください。



ハリネズミ:ふらつき症候群



ハリネズミをお迎えして4年ぐらいたちました。
最近、動きが悪く後ろ足が弱っていて年なのかな?
と思っていましたが、寿命までまだまだの年齢です。


たどり着いた結論が「ふらつき症候群」

ふらつき症候群は後ろ足の力が入りにくくなり、フラフラと歩くようになります。それに伴って筋肉が落ちていき常にお尻を床につけるみたいな状態になります。
うちのハリネズミがその状態です。
獣医の家にいるハリネズミがそのような状態になっているのがお恥ずかしい話ですが、参考になればと思い報告です。

ふらつき症候群の原因はよくわかっていませんが、栄養不良が原因ではと言われています。それだけではないかもしれませんので、今のところとしておきます。

ずっとハリネズミ専用のフードを食べてきたのですが、それでも足りなかったのかな?
ビタミン・ミネラルの不足から起きる可能性が高いとのこと。


鳥の病気に似ている感じがします。。。。

現在、微量栄養素の強化とタンパク量を少し上げることで治療中です。


エキゾチックはお迎えして一緒に暮らさないとわからないことがいっぱい。
以前、飼ってみないとわからないからという理由で様々な種類の動物と暮らしていました。
約40匹。。。
面倒を見るのは大変でしたが、多くのことを教えてくれました。

また、ハリネズミの経過についてはご報告します。



ふくふく動物病院は「おもてなし規格認証」を受けています

                                                                        

昨年から取り組み始めた

~おもてなし規格認証~

本年も経済産業省から認証をいただきました。
「おもてなし」という言葉が少し前はやりましたが、
流行り廃りに関係なく「もてなす心」は大切だと思います。

ふくふく動物病院は2019年もおもてなしの心を大切に、
少しでも向上していけるように努力してまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。


今日も、朝から多くの飼い主さま、患者さまをお待たせしてしまいました。
午前に診察は12時までですが、現在13時。。。
先ほど午前に診察が終わりました。
1時間オーバーということはそれだけお待たせしたということ。
いけないですね。。。
お待たせせず、5分診療にならないように頑張ります。


















123456

アーカイブ

このページのトップへ