HOME > 新着情報

新着情報

今年、印象深かった症例:脱毛

今年、印象深かった症例の二つ目です。
皮膚を痒がり噛むために被毛がだんだん薄くなり、
治療しているが経過が思わしくないとのことで転院されました。
来院時は長袖の服を着ていたので、どこが良くないのだろう?と思いましたが、
服を脱いだら体の下半分の毛がありませんでした。

初診時の写真【2019年9月】


被毛と皮膚の検査を再度行い、不足している検査(アレルギー検査と甲状腺ホルモン測定)を行いました。
イネ科植物とキク科植物に対するアレルギーと、食物アレルギー(軽度)がありました。
甲状腺は問題ありませんでした。

皮膚の乾燥が激しく脱毛の著しい部位は水分量17%で正常の半分以下ですので、
保湿剤をしっかり使用していただきました。

細菌感染が認められませんでしたので抗生剤は使用せず、
・ステロイド
・リゾープス麹エキス
で治療をスタートし、痒みが減ったころから
・オクラシチニブマレイン酸
・リゾープス麹エキス
に切り替えています。

肝臓の数値も高い子なのでその治療も同時に行いました。
高齢のわんちゃんなので、どこまで被毛が生えそろうか心配でした。

【2019年12月】



















治療開始3か月で、びっしり生えそろってくれました。
11月再診時にも顔を少し痒がるとのことでしたが、今月も引き続き顔を痒がるとのことでした。
これはおそらくキク科植物とイネ科植物にアレルギーがあるので、これが原因でしょう。
来年からも植物に対するアレルギーは同じ時期に起こる可能性がありますので、
痒がり掻きむしってから治療するのではなく、かかせないように先手を打っていきたいと思います。

寒い冬に間に合わせることを目標にしていましたので、どうやら間に合ってくれたようです。


 


新着情報:ブログ更新しました

新着情報に
今年、印象深かった症例:皮膚病
をアップしました。

今年、印象深かった症例 : 皮膚病

久しぶりの投稿です。
もう今年もあと8日、診療日は今日を入れて5.5日です。
本年は、「皮膚病」「内科」に力を入れていこうと決めてスタートしました。
それは、それなりに勇気がいることでした。
おかげさまで皮膚科の診療が増え、他県からのお問合せや来院もあり感謝しております。
皮膚の状態が良くなっていった子もいれば、紆余曲折した子ももちろんいます。
力不足だなと…痛感することもありましたが、悩んだ末解決の糸口をつかんでいくことができることも多々ありました。

その様な症例の中で印象深かったのは、

化膿性肉芽腫性炎

を起こしたわんちゃんの治療です。


化膿性肉芽腫性炎は特発的に肉芽腫病変を認める皮膚疾患で、なぜ発症するのかは明らかになっていませんが異常な免疫反応が体の中で起こることが原因になります。
肉球の間や指の間に肉芽ができて、やがて破裂し出血する状態を繰り返していたのですが、なかなか治らず来院されました。



抗生剤の治療やステロイド投与でよくなりますが、投与を休むと再発するという状態でした。細胞診の結果「化膿性肉芽腫性炎」と診断されました。アレルギー検査の結果、食物アレルギーもありました。

ステロイド(減量)と免疫抑制剤に切り替え、徐々に抗生剤を休薬していきました。
ステロイドを休薬後は免疫抑制剤(減量)とオクラシチニブマレイン酸を併用しました。

もう少しでいったん治療終了にしますが、再発の可能性もありますので経過観察はしばらく続きます。

結局、他院の初診から当院での治療を入れると、ほぼ10カ月かかりました。飼い主さまも遠方から通ってくださり、その熱心さにしっかり応えなければいけないと思い治療を進めてきました。長きにわたり通院してくださりありがとうございました。感謝しております。

私自身、初めて出会った症例でしたが非常に勉強になりましたし、今後同じ症例に出会ったときには今回ほど迷わないで治療にあたることができます。



******************************************************************************************************************
ふくふく動物病院は、皮膚科診療に力を入れています。

・皮膚の痒みがひどい
・毛が生えない
・フケがすごい
・べたべたする
・なかなか良くならない
・アレルギー検査を受けたい
・アレルギー用フードの選び方がわからない
・シャンプーは何を使えばよいの?
など、

皮膚のことでお悩みの方は、お気軽にお問合せください。
お問い合わせはこちらから
ご予約はこちらから

年末年始の診療

年末年始の診療のお知らせです。

年内は30日(月曜日)午前11:30までの受付です。
年始は1月4日(土曜日)より通常通りの診療です。
年末のホテルのご予約は現在満室のためにお受けすることができません。
大変申し訳ありません。何卒よろしくお願いいたします。

11月の休診日

11月の休診日のお知らせ

定休日(水曜・日曜)以外の休診のお知らせです。
11月4日(月) 振替休日
11月23日(土) 勤労感謝の日
は、祝日のため休診です。

ご不便をおかけいたしますが何卒よろしくお願いいたします。

※10月1日より予約制になっております。
 ご予約のない方の診察もしておりますが予約の方が優先になりますので、少々お待ちいただくことがあります。薬やフード購入の方は予約の必要はありませんが、前もってご連絡いただけると助かります。

只今準備中です

只今準備中です。
お知らせの準備が整いましたら、こちらよりお知らせいたします。

10月より予約制を導入します

10月から消費税が上がりますが、それ以外にもふくふく動物病院では変わることがあります。

①基本、10月から予約制になります
予約をされていない患者さんの診察もいたします。安心してください。予約の方が優先になりますので少々お待ちいただく可能性はあります。

命に係わる救急の患者さんは予約より優先になります。その際は、どうぞご理解ください。


人の病院や歯科医院と同じ感じでとらえていただければ幸いです。

②午後の受付は14時からですが14時半から診察開始になります

まず、予約制ですが特に午前中の混雑がひどい日があり、
大変ご迷惑をおかけしています。

その理由として
・獣医師が院長一人である
・手抜きをしない診察を続けていきたい
・少し人手が足りていない

などが、あげられます。
しかし、どのような事情があってもお待たせしていることは事実で、土曜・月曜の午前中は2時間待ちになっていることが増えています。大変申し訳なく思っています。

できるだけ、みなさまの大切な時間を待ち時間で費やしないように、
それじゃなくても病院は動物たちにとってストレス源なのに、さらにストレスをかけないように。

基本、予約制を導入することにしました。
現在準備中ですのでまだ稼働していませんが、9月24日以降はご予約いただけるようにしていきたいと思っています。

この予約は「診療予約」のみですので、
※トリミングやホテル予約は今後も電話でお願いします※

予約方法ですが、

・ふくふく動物病院のホームページに「予約する」のバナーを設置しますので、バナークリックで予約する

・QRコードを読み取り、予約サイトから予約する

・インターネットからうまく予約できない場合は、電話予約する


の3つの方法でお願いします。
最初はぎくしゃくするかもしれませんが、何卒よろしくお願いいたします。

予約サイトの準備やQRコードの準備ができ次第お知らせいたします。
少々お待ちください。

今後も飼い主さまにストレスなく来ていただける病院を目指し、色々と不便な点を改善・改革していきたいと思います。

何卒よろしくお願いいたします。





お盆中は診察します

暑いですが、夏バテとかしていませんか?
お盆のお知らせです。

今年は、お盆中は通常通りの診察です。
診察時間も変わりません。

8/11(日) 山の日 休診
8/12(月) 振替休日 休診
8/13(火) 通常通り 診察
8/14(水) 休診
8/15(木) 通常通り 診察
8/16(金) 通常通り 診察
8/17(土) 通常通り 診察



≪ 臨時休診 ≫
8/29(木)~31(土)は臨時休診です。
8/28(水)は診察いたします。
(8/28は変更になるかもしれません。変更の場合お知らせします)


何卒よろしくお願いいたします。

7/20(土曜日)は午前中院長不在です

7月20日(土曜日)の午前中は院長が不在となります。
大変申し訳ありません。
午後からは通常通りの診察です。
フード、継続のお薬、爪切りなどのグルーミングは承ります。
午後の診察は通常14時からですが、この日は13時から開始します。
何卒よろしくお願いいたします。

SFTS(重症熱性血小板減少症候群)

昨日、Facebookに急ぎで上げた記事なのですが、リツイートしてくださる方がいてくださり感謝です。

西日本では少し前から「たいへんだ!」になっているのですが、
最近、東京都内でも男性が感染し話題になりました。

マダニから媒介される病気(ウイルス疾患)で、このマダニに寄生されたペットから涙・鼻水・唾液などの体液に混じってウイルスが排泄されます。

SFTSウイルスを持つマダニや感染を受けたペットの体液などからヒトに感染します。



マダニはこの写真のようにおおきさが様々ありますが、どれも同じ種類です。
血を吸い「飽血」と言われる状態になったのが、左端のマダニです。
この後、草むらで約2000個の卵を産みます。

≪ ペットが感染したときの症状 ≫
一般的に無症状(不顕性感染)ですが、発熱、食欲消失、白血球減少症、血小板減少症等の症状が認められることもあります。
https://www.bayer-pet.jp/pet/library/disease/sfts.html

≪ 人に感染したときの症状 ≫
・発熱、消化器症状(嘔気、嘔吐、腹痛、下痢、下血)を主張とし、ときに、腹痛、筋肉痛、神経症状、リンパ節腫脹、出血症状などを伴う。
血液所見では、血小板減少(10万/㎣未満)、白血球減少(4000/㎣未満)、血清酵素(AST、ALT、LDH)の上昇が認められる。致死率は10~30%程度である。
https://www.forth.go.jp/keneki/kanku/disease/dis03_11sev.html

「マダニはついたから取る」

ではなく、

「マダニは寄生させてはいけない」

が、正しい予防の仕方です。
ノミ・マダニ予防は「ペット」のため、「ヒト」のためにしっかり行うようにしてください。

国立感染症研究所からアナウンスされた
「マダニ対策 今できること」
https://www.niid.go.jp/niid/ja/sfts/2287-ent/3964-madanitaisaku.html


Facebookにあげた記事

致死率25%…怖すぎる“殺人ダニ”に要注意! 「日本人が経験したことのない恐怖の感染症」

https://dot.asahi.com/aera/20190https://dot.asahi.com/aera/2019061300061.html?page=161300061.html?page=1






1234567

アーカイブ

このページのトップへ